車検のことなら、地域最安値に挑戦中!【車検の速太郎 足立店】
 
車を守るカーコーティング・施工業者や費用、おすすめは?

大事な車だからこそずっとキレイにしておきたいと考える方も多いのではないでしょうか?

そんな方にはワックスよりもカーコーティングがおすすめです。

1度の施工で長く自身の車をキレイに保つことも可能のためカーコーティングの方がはるかにおすすめです。

今では市販のコーティング剤も販売されていますが、カーコーティングの仕上がりに大切なことは使用するコーティング剤や道具もですが、作業環境も大事な要素となります。

その点では愛車を自宅でコーティングにはどうしても限界が来てしまうので実際に手を動かす手間もいらない上に高い仕上がりで行ってくれる施工業者がおすすめです。

興味はあるけど、どんなことをしているのか、どんな効果があるのかよくわからないという方の為に、今回はカーコーティングとはどういうものなのかという部分から費用面まで解説致します。

カーコーティングとは

カーコーティングとは

カーコーティングとは、車のボディやガラスの表面に薄くて硬い特殊な被膜(コート)をかけることです。

身近なものに例えるとスマートフォンの液晶カバーなどがイメージしやすいかと思います。
携帯の画面に液晶カバーをかけることで小さな傷や汚れがついても画面そのものは無傷を保てます。

この液晶カバーが特殊な被膜(コート)となります。

よくワックスなどと混同される方がいますがカーコーティングとワックスは別のものとなります。
カーコーティングとワックスの主な違いは使用している主成分の違いにあります。

カーコーティングの主成分は種類によって異なりますが樹皮やガラス繊維といったものがメインとなります。

被膜そのものが強靭なものとなるためワックスに比べると耐久性がはるかに高く、長いものでは3年近くカーコーティングが残るものもあります。

一方でワックスは主成分が油と蝋となります。
塗装面に塗ることで深いツヤを出すことは可能ですが、被膜が半液体で不安定な状態の為コーティングよりも耐久性が低くなってしまいます。

雨や洗車で油成分が流れ出てしまうと水垢の原因になってしまったり、耐熱性も低いため蒸発しやすいといったデメリットがあるためワックスは1か月ほどで効果がきれてしまいます。

せっかくお金をかけて施工をするのであれば、きちんと効果が持続していい仕上がりになるものが良いという方にはカーコーティングをおすすめ致します。

コーティングを行うメリット

コーティングを行うメリット

ワックスを比較にしてカーコーティングがどういったものか説明いたしましたが、実際に他にはどんなメリットがあるのかご説明いたします。

洗車が時短できる

メリットの1つ目は洗車が時短できることです。

ワックスの場合だと洗車をしてしまうと油成分が溶けてしまって相性はあまり良くありませんが、カーコーティングの場合は硬い皮膜で覆っているため車体が滑らかになり、汚れが付いたとしても簡単な洗車で落ちやすくなるという相性の良いものとなります。

冬なんかだと外で行う洗車作業は億劫な方も多いと思いますが、カーコーティングを行うことで洗車時間も短縮させることが可能です。

紫外線による劣化を防ぐ

紫外線の影響を受けるのは人間だけではありません。車も人と同様に太陽の紫外線の影響を受けます。

ちなみに太陽の紫外線は真夏だけでなく、年間を通して影響がでるものです。
屋根がない駐車場に駐車することが多いのであれば注意が必要です。
自動車ボディは紫外線の影響で色の結合が破壊され、本来の色とツヤがなくなります。

なかでも、レッド・ブラック・ブルーなど濃い色の場合は、劣化が早い傾向です。
紫外線に強いタイプのカーコーティングを施しておけば、色あせなどのボディカラーの劣化を防ぎ車体のツヤを長期間にわたって保つことができます。

雨汚れを防ぐ

車を洗車した後に雨がふり、しつこい雨染みが付いてしまう状況は2つの場合が考えられます。
専門用語で「イオンデポジット」や「ウォータースポット」と呼ばれています。

イオンデポジットとは、雨水に含まれているミネラル・小さなホコリ・細かい油などが水分が蒸発することでシミとなって痕が残る状態です。

さらに、そのまま放置しておくとボディ塗装面が酸性成分により浸食され、クレーター状のくぼみが発生する状態をウォータースポットと呼びます。
このような状態になると、洗車してもなかなかすぐには落ちません。
カーコーティング施工することにより、雨染みがつきにくい車に仕上がります。

小さなキズを防ぐ

どんなに注意して運転していても、飛び石などにより小さな傷が付いてしまうことから避けられません。

しかし、カーコーティング施工した車には、薄くて強靭な被膜があります。
その為多少何かが飛んできたとしても、小さいものであれば施された特殊な被膜により傷が付きにくくすることが可能です。

最新コーティング技術では、最強の被膜を誇るコーティング剤や、自己修復するタイプのコーティング剤が開発されています。

売るときの査定額が違う

どんなに注意して運転していても、飛び石などにより小さな傷が付いてしまうことから避けられません。

車の買取査定をしたことがある方ならご存じかと思いますが、色あせやキズが無いきれいな状態の車は高価買取の可能性が高くなります。

中古車市場で販売する前の補修・磨き作業や、清掃作業の手間と時間が省けるためです。
消費者側も同じ条件であれば、よりきれいな見た目の車を選ぶのではないでしょうか。

カーコーティング施工した車は、ツヤのある美しさを長期間キープできるため買取査定時に有利に働く可能性が高いと言えます。


コーティングの施工行程

コーティングの施工行程

実際にカーコーティングを行う手順を確認します。
カーコーティングの種類によって多少手順は異なりますが、基本的な流れは同じなので参考にしてください。

1.洗車

国まずは高圧洗浄機などを使用し洗車を行い、ボディの表面のほこりや汚れを落とします。
カーコーティングを行う際には車をキレイな状態にすることが何よりも大切になります。

2.下地処理

脱脂処理では、下地処理で除去しきれなかった塗装面の油脂分を取り去っていきます。
油膜がついた状態でコーティングを行うと、塗装面とコート剤のあいだに残った油膜がコーティング剤の定着を邪魔してしまうためこの段階できちんと脱脂処理をおこないます。

3.コーティング剤の塗布

最後に、コーティング剤を塗布していきます。

ほこりや雨による水分などのコーティング面の付着を防ぐためコーティング剤の塗布は密閉した屋内で行います。
専用のスポンジで丁寧にムラなく塗布したら、乾燥させて、コーティング剤が硬化するのを待ちます。

コーティングの種類や温湿度などによっても異なりますが、12時間~48時間程度で施工が完了します。


コーティング施工業者の違い

コーティング施工業者の違い

現在は様々なお店でコーティングできるようになりました。
施工できる場所が増えたからこそ、「何が専門店と違うのか」「特徴は何なのか」気になる方もいると思います。
そこで、各社のコーティングの特徴を説明したいと思います。

・キーパーラボ

圧倒的な店舗数を誇る日本最大手の洗車とコーティング店です。
人材育成の効率化や、質を一定にすることを基本方針としています。

極力作業工程をマニュアル化し、ある程度の塗装であれば対応できる機材を取り揃えています。

こだわりぬいた専門店には及ばなくとも高い技術があり、車種やコースによっては専門店よりも低価格でカーコーティングを行うことが可能です。
・ディーラー

ディーラーでのコーティングは2パターンあり

①外部に委託、もしくは
②社内のコーティング内製部隊が施工。
車を買った時にコーティングをセットで行うことが可能です。

車を買った場所ですぐにコーティングができるという点では便利ですが、技術や施工環境の面で整っていないケースが多いことが懸念点となります。
・車コーティング専門店

コーティング専門店は仕上がりの質もそうですが、こだわりをもってじっくり取り掛かるのが特徴です。

仕上がりや効果の持続性といった満足度が得られる面がある一方で、高い質を得るために価格が高い傾向にあります。


コーティングの費用相場

コーティングの費用相場

それぞれの業者の特徴を抑えたところで次に各社の費用相場を確認してまいります。
各店舗のコーティング費用の相場は以下のとおりとなっています。

キーパーコーティングの価格

SS S M L LL XL
EXキーパープレミアム 170,200円 189,600円 206,600円 225,200円 235,000円 267,600円
EXキーパー 113,500円 123,800円 134,900円 150,200円 160,200円 174,600円
Wダイヤモンドプレミアム 108,400円 121,500円 134,700円 141,200円 157,800円 200,200円
Wダイヤモンドキーパー 72,200円 79,900円 87,600円 93,200円 102,900円 131,400円
ダイヤモンドキーパー 49,900円 55,100円 60,400円 64,400円 70,900円 90,700円

SSサイズ:MR-S・モコ・ライフなど
Sサイズ:ヴィッツ・フィット・キュービ・デミオなど
Mサイズ:アルテッツァ・シビック・ティーダなど
Lサイズ:アリスト・クラウン・ステーシア・フォレスタなど
LLサイズ:アルファード・ステップワゴン・ノアなど
XLサイズ:グランエースなど

ディーラーコーティングの価格

SS S M L LL XL
CPCプレミアムコーティングエクスG 220,000円 231,000円 242,000円 253,000円 264,000円 275,000円
CPCプレミアムコーティングダブルG 110,000円 121,000円 132,000円 143,000円 154,000円 165,000円
グラスコーティング ガードコスメSP 60,500円 66,000円 77,000円 85,800円 91,300円 99,000円

SSサイズ:軽自動車
Sサイズ:パッソ、ルーミー、ヴィッツなど
Mサイズ:アクア、C-HR、プリウス、86、シエンタなど
Lサイズ:カムリ、クラウン、マークXなど
LLサイズ:ノア、ハリアーなど
XLサイズ:アルファードなど

車コーティング専門店の価格

SS S M L LL 3L XL
プレミアムコーティング 160,000円 190,000円 215,000円 245,000円 269,000円 300,000円 340,000円
デラックスコーティング 110,000円 130,000円 155,000円 169,000円 189,000円 220,000円 239,000円

SSサイズ:アルトなど
Sサイズ:ラパンなど
Mサイズ:キューブなど
Lサイズ:アクセラなど
LLサイズ:プリウスαなど
3Lサイズ:ノアなど
XLサイズ:アルファードなど


コーティングをした車のアフターケアは?

コーティングをした車のアフターケアは?

カーコーティングを行いキレイにした車はできるだけキレイな状態で保ちたいものです。

その為にはカーコーティングをした後のアフターフォローが大事になってきます。
実際にはどのようなケアをすればいいのかをご説明いたします。

カーコーティングを行った後に気を付けなければいけないことは、車体に施した被膜を傷つけないことです。

前述で洗車とカーコーティングは相性がいいとお話しましたが、強い力でゴシゴシと洗ってしまったら被覆が傷ついてしまいます。

その為洗車を行う際には洗車用のスポンジや柔らかいタオルなどといった優しい素材を使用するようにして下さい。

洗う際にもやさしくこするだけでカーコーティングした車はキレイになります。
洗車後もそのまま放置ではなく吸水性の高いタオルやセーム革を使用して丁寧に拭き上げを行ってください。

以上の事に気をつけるだけでもカーコーティングは長持ちするので洗車時には意識してみてください。

まとめ

まとめ

カーコーティングのメリットや施工業者、アフターケアまでご説明してまいりました。

カーコーティングを行うことで、被覆によるカバーができるだけでなく、洗車も行いやすくなることで自身の愛車を長くきれいに保つことができます。

「速太郎 足立店」はKeeperに加盟しているため高い品質を保証しています。
様々なコーティングメニューも用意しているので、お客様の車に最適なメニューでカーコーティングを行うことが可能です。

さらに「速太郎 足立店」では車検、鈑金を行うことも可能です。

車のコーティングをするついでに近くなっていた車検を行うことも可能です。

今まで小さなキズだからと放置していた部分も修理することでより自身の愛車をピカピカにすることもできます。

もちろん、コーティングや車検、鈑金のみでも利用は可能ですので興味の湧いた方はぜひ「速太郎 足立店」までお問い合わせください。

ページトップ

Health Logo