車検のことなら、地域最安値に挑戦中!【車検の速太郎 足立店】
 
『快適で』『早い』1日車検のメリット・デメリット

気づいたら車検の満了日が近づいているな。

そう思っても、車検にかかる時間は長いし、お店がやっている時間に電話を掛けようとしても気づいたら営業時間外になっていて…

となんだかんだ面倒になって、ついつい車検を後回しにしてしまって気づいたら満了日の前日なんてことを経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一般的な車検は2.3日かかります。
その間は代車を貸してもらえることもありますが、お店によっては代車の用意をしていないところもあります。

できれば持ち込んだその日に車検を終わらせて、帰りは自分の車で帰りたいと思う方は多いかと思います。
そんな方におすすめな車検が『1日車検』です。

今回はどれくらい前から予約をしたほうが良いのか、そもそも車検が長引いしまう理由。そして1日車検の特徴、車検当日の流れまで解説致します!

予約はどのくらい前からすればいい?

予約はどのくらい前からすればいい?

そもそも車検はどのくらい前から準備をすればいいのかという点をご説明いたします。

まず大前提として車検はいつから出しても問題がありません。

その為半年前や1年前に出しても法律的には何の問題もありません。
但し、早く車検をしてしまうと損になってしまうことがあります。

一般的な日数としては有効期限の1ヶ月前が多いとされています。
それよりも前に車検を通してしまうと逆に損になってしまうことがあります。

30日よりも前に車検を通してしまうと有効期限が車検を受けたその日からスタートします。

たとえば2022年12月15日が有効期限の車を2022年11月1日に車検を通した場合は、次回の有効期限が2024年11月1日となってしまいます。

これが有効期限までの日数が30日以内であれば、有効期限の日数を伸ばすことが可能です。
有効期限の30日以内の場合はいつ受けたとしても有効期限日に車検を受けたということになります。

先ほどのように例をあげると、2022年12月15日が有効期限の車を2022年12月1日に車検に通した場合、次回の有効期限は2024年12月15日とすることが可能なのです。

その為、車検を受けるタイミングは満了日の1ヶ月前ということが多くなります。
ただ満了日ギリギリとなってしまうと予約が取れず期限切れとなってしまうこともあります。

期限が切れてしまうと公道を走ることができなくなってしまうので、満了日の1ヶ月前に予約を取ることをおすすめ致します。

車検が長引く理由とは

車検が長引く理由とは

実際に予約をしたところで、皆さん思うのが『車検って長いよなぁ』といったことではないでしょうか?

車検が日を跨いでしまう理由には大きなところで“車検工場の違い”が出てきます。
この車検工場を変えてみるだけで車検に必要な時間は短くすることが可能です。

車検工場には大きく分けて「認定工場」「指定工場」の2種類が存在します。
各車検工場の違いについてご説明します。

「認定工場」とは
認定工場とは車両の分解や点検、整備が行える工場のことです。
ただし車検の検査ラインを持っていないため、整備・点検後に車検場へ車を持っていく必要があります。

料金は指定工場よりも安く行うことができますが、整備後に車検場に車を持ち込む分の時間が必要となるためその分だけ時間がかかってしまいます。
「指定工場」とは
指定工場とは認定工場の中でも工場内に検査ラインがある工場の事をいいます。また指定工場は一定基準の設備と技術を求められます。万が一にも整備不良の車の車検を通した場合営業停止処分といった行政処分が下されます。

それだけの基準が設けられている分、検査に対する安心感は指定工場の方が高くなります。

また工場内に検査ラインがあるため、車検場に車を持ち込む時間も削減できるためより早い時間で車検を完了させることが可能となります。

車検時間を短縮する方法

車検時間を短縮する方法

車検工場の選び方で時間の長さが変わってきますが、さらに車検の時間を短くするポイントを3つご紹介いたします。

Point1.事前に予約を入れておく
例えば外国車であったり、マニアックな車種の場合は車検に時間がかかりやすいものとなります。

そのため急に車検工場に持ち込んでもかえって時間がかかってしまうこともあります。また1日に受け入れる台数が決まっているということもあるので、その日に行っても翌日以降の車検となってしまうこともあります。

そういったことを避けるためにも予約をとり、スムーズな車検を行えるようにしておきましょう。
point2.平日に車検をうける
普段仕事をしている人などは時間のある土日に集中するため週末は混雑する傾向にあります。
また車検場は平日しか行っていないため土日に車を預かったとしても車検をうけることができません。

指定工場であれば車検ラインが工場内に備わっているため土日に持ち込んでも車検を行うことが可能ではありますが、混雑状況も併せて考えると平日に持ち込むことをおすすめ致します。
Point3.車検専門店や指定工場を利用する
ディーラーなどでは車検以外にも様々な車が入庫します。さらに1つの車に対して念入りな検査を行っています。
こういった理由によりディーラーなどでの車検は時間がかかりやすくなります。

その為、車検を専門的に行っている車検の専門店や検査ラインを設けている指定工場で車検を行う方が早く車検を完了させることが可能です。

早い車検でよくあるデメリット

“早い車検”でよくあるデメリット

早い車検は価格も安く抑えられる傾向にありますが、一方で注意するべき点もあります。
デメリットもきちんと把握したうえで1日車検を検討してみてください。

最低限の検査となってしまう
1日車検を行っているような車検工場は基本的に“車検が受かる”整備のみを行います。

一方でディーラーでは予防整備というものを行っています。
予防整備とは現状の状態であれば問題はないけれど、次回の車検時期までに不調になってしまう部品を予め交換してくれるというものです。
部品の状態によっては1日で終わらないこともある
点検だけで終了すれば短時間で完了させることが可能ですが、取り寄せが必要な部品に交換の必要が出た際には1日では終わらず車検の日数が伸びてしまうことがあります。

この2点のデメリットを踏まえると初めての車検を迎える車などといった年数の経っていない車や、日頃から自身でこまめにメンテナンスを行っていらっしゃる車などは1日点検で問題なく車検を行うことが可能となります。

車検が受けられる各店舗をご紹介

車検が受けられる各店舗をご紹介

続いて車検をうけられる店舗と、各店舗の車検にかかる時間を説明させていただきます。

1.ディーラー
ディーラーは品質維持の為に1台1台の点検に時間をかけます。他の店舗よりも交換必須項目も多くあるので車検時間の平均としては2‐3日かかります。

他の場所で車検を行うよりも時間がかかりますが、予防整備を行ってくれたりといった高い品質を保証してくれています。
2.ガソリンスタンド
ガソリンスタンドでは早ければ3-4時間で終了しますが、混雑具合によっては3-4日かかるケースがあります。
店舗によって時間や品質にバラつきが出てしまいますが、普段使用しているガスリンスタンドで車検が受けられるという手軽さの利点があります。
3.ユーザー車検
ユーザー車検は車検を通すという部分だけを考えれば地元の陸運局で1-2時間ほどで終わります。
ただし事前の法定点検や陸運局までの往復、予備検査場で検査・調整などを考えると半日から1日はつぶれてしまうことを覚悟した方がいいものとなっています。
4.車検専門店
車検専門店では1‐2時間ほどで車検を終わらせる業者が殆どです。
ディーラーと違い予防整備などは行っていませんが、早く、安く車検を行うことが可能です。

車検のお店選びのポイント

車検のお店選びのポイント

上記で説明したように車検が可能な店舗はたくさんありますが、“早い”だけを重視すると品質面で劣る可能性があります。
大事なことは自分のニーズにあった車検が受けられるのかどうかという部分です。

お次に車検選びのポイントについてご紹介いたします。

・価格面
価格面を重視したいなら必要最低限の車検で完了してくれるガソリンスタンドや車検専門店などは安価に設定されています。
・品質面
品質やサービスを重視したいならディーラーは予防整備なども含めて金額が高くなりやすいですが技術力という面では確かなものになります。
・スピード面
早さを重視するなら自社で検査ラインを持っており、土日でも車検が可能な指定工場や車検専門店がおすすめです。
・サービス面
予防整備や交換が必要になった部品の交換が可能であるといった面を重視するならばディーラーや指定工場などがおすすめです。

品質面という部分から予防整備を重視したい、価格をできるだけ抑えたい、早く車検をおわらせたいなど人によって重視したいポイントは変わってくると思います。

自分が一体どの部分を重視したいのかという観点で選ぶお店を決めることをおすすめ致します。

車検のお店選びのポイント

早くて安心のおすすめ車検をご紹介

ここまで車検に時間がかかってしまう理由から、車検を行うお店の選ぶポイントを紹介いたしました。

スピードという面以外にも安心して車検を依頼できるお店にお願いしたいですよね。

「車検の速太郎 足立店」は前述した指定工場になります。

工場内に検査ラインが整っているため、車検時間は最短で45分というスピード車検が可能です。
面倒な書類の手続きに関してもお店で行うので、お客様は車を持ち込んで、後日ご自宅に届く車検シールを貼っていただくだけで車検完了となります。

指定工場とは一定の基準を満たした工場のみ指定される工場の為、品質面で心配という方も安心してお任せいただけます。
さらに「車検の速太郎 足立店」では立合い車検を行っています。

これによりお客様ご自身の目で必要な交換と不必要な交換を確認していただきながら点検・整備に進むことができるのでお客様ご自身が納得する形で車検を進めていただくことが可能となっています。

価格面という部分でも不必要な部品の交換を行わないという点から、ディーラーと比べて低価格で行うことが可能となります。

また待ち時間の間も仕事ができるようなワーキングスペースも確保しています。
個室になっているスペースもありますのでミーティングなどもこちらのワーキングスペースで行うことが可能です。

車検で準備するもの、予約時の流れ

車検で準備するもの、予約時の流れ

実際に「車検の速太郎 足立店」で車検を行う際に用意するもの、当日の流れをご説明させていただきます。

【用意するもの】

・車検証
・自動車納税証明書
・自賠責保険証
・車検費用
・印鑑


≪各書類の内容≫

車検証:その車が保安基準に適合している証明をする公的書類のことで、車の情報が詳細に記載されているものの事を言います。

自動車納税証明書:「自動車納税通知書」の右側の部分で、控えとして渡される小さい縦長の書類のことを言います。

自賠責保険証:任意保険とは違い、自動車の持ち主が必ず加入しなければならない保険の保険証の事を言います。
【当日の流れ】

1.予約を取る

電話もしくはネットから都合のいい日にちを選んで予約。
ネットからなら夜も定休日も気にせず予約完了!

2.必要なものを持参して店舗へ来店

上記持ち物を用意して「車検の速太郎 足立店」へいらしてください。

3.見積をうけて正式依頼

実際の車の状態を見ながら正式な見積を作成いたします。
その際に実際に立合いを行いながら説明いたしますので納得いただいた状態で進めることができます。

4.支払いを行い車を引き取る

最短45分ほど待っていただければ車検が完了いたします。
お支払いを完了していただければご自身の車でご帰宅が可能となります。
支払い方法は現金・クレジット・PaPayの3種類からお選びいただけます。
※法定費用(自動車重量税や自賠責保険料、印紙代(検査手数料)を合計した費用のこと)のお支払いは現金のみとなります。

まとめ

今回は1日車検の特徴から、車検をやっている場所、1日の流れまでご説明させていただきました。

「車検の速太郎 足立店」ならインターネット予約が可能です。予約完了のショートメッセージが届いたらあとは来店日を待つだけというお手軽さです。

当日も立合い車検を行っているのでお客様ご自身の目で愛車の状態を把握できるためお客様にとって必要な整備を行うことができます。
車検時間も45分となっているので、仕事の合間に車検に来ることもできれば、車検に寄った足でドライブに繰り出すこともできます。

車検を控えている方はぜひ「車検の速太郎 足立店」までご連絡ください!

ページトップ

Health Logo